小布施ワイナリーワインを無料で持ち込めるBYO レストラン(小布施町内)で。その輪が5件まで広がりました!!

● BYOとは? Bring your ownの略で小布施ワイナリーのワインを無料で持ち込める制度です。オーストラリアなどのワイナリーを遊びに行かれた方は御存知かもしれませんね。
● 葡萄とワインが造られた場所で手軽にワイント食事を楽しむ 地元の食材と合わせて飲む小布施ワイナリーのワインは最高です!
●BYO するには まずはワイナリーでワインをセレクトしてください。ワインのレシートとワインを持ったら、ワイナリーのスタッフに地図を貰ってください。
● 飲んだ後は ヴァンヴェールさんとYH 小布施の風さんには素敵なお宿でもあります。ワイナリーのイベントの前には混雑しますので早めに予約を!!
●小布施ワイナリーが経営しているのではありません ここで紹介しているヴァンヴェールさんは安藤さんが経営者です。つくしさんは吉田さん、小布施の風は北風さん、Yura(響)は鈴木さん、メゾンドナチュールは亀田さんのようにそれぞれ経営者がおり、ワイナリーとは利害関係がありません。みなさん「小布施を良くしよう!」というボランティア精神に基づきBYO に協力してもらっています


1)Brasserie Vent Vert   フランス食堂 ヴァンヴェール (ディナーのみ。ランチ不可) 。

ワイナリー同様、フランスで修行した若手シェフがワインに合うクラシカルフレンチを作ってくれます。最初にBYO を始めてくれたレストランです。

★ディナー(18:00から21:00)すべての料理のアミューズとパンがつきます シェフのおまかせコース(オードヴル、メイン料理、デザート、食後のコーヒー)4000円が御得です。アラカルト一品の御注文もお受け致します。

連絡先
フランス食堂ヴァンヴェール 小布施町小布施34-8
電話026-247-5512

予約の取れない人気のお店ゆえ、ゴールデンウィーク、お盆前後、シルバーウィーク、小布施マラソン前後、連休などのBYO は遠慮していただくようお願いします。

昼は昼で超人気店故、ランチのBYOは出来ません。ランチメニュはガレット、キッシュなのでヴァンヴェールで販売しているフランス産シードルと楽しんでくださいね。

 

2)地もの屋 響(Yura) (ディナーのみ。ランチ不可) 。

昼間は特製カレーの人気店。夜は地物食材をふんだんにつかった居酒屋に変わります。何気ない食べ物がこれがまたうまいんです!小布施の豪商高津家の蔵として建てられてから、明治時代後半は小布施銀行としても使用され、130年もの長きにわたり小布施の中心に建ち今もなお太い梁に越後の宮大工の棟梁山添氏が記した『紀元二千五百三十九年』の年号とともに柱や床も当時のまま受け継がれています。

小布施町大字小布施
026-247-6911


3)
蕎麦処つくし。(ディナーのみ。ランチ不可) 。

蕎麦とワイナリーワインの組み合わせがよければ蕎麦処つくしもBYOです。つくし主人が毎朝仕込む蕎麦はコシがあり地元で人気の蕎麦屋。小布施町によくある観光客向けの蕎麦屋では決してありません。あしからず。また、小布施ワイナリーワイナリーワインのみのBYOでございますのでお気を付けください。
お問い合わせ
蕎麦処 つくし
026−247−4916 場所は小布施駅から歩いて1 分。


4)「小布施の風ユースホステル」のディナー

北風さんが経営するユースホステルはとても現代的で綺麗な建物で、ユースとは思えません。しかし、アットホームかつコストパフォーマンスに優れた宿で小布施ワイナリーの訪問するお客様の間では人気の宿です(個室もあります)。女性お一人でも安心してお泊まりいただけます。素敵な縁にも恵まれ、小布施の風で知り合ったお客様同士で意気投合してワイナリーにお越しになることもあります。宿泊のお客様は小布施ワイナリーのワインに限り持ち込み自由で夕飯をお楽しみ頂けます。嬉しいですね!

小布施町大字小布施475-2(北斎館すぐ裏)
026-247-4489