小布施ワイナリーがレストランを経営しない訳

小布施ワイナリー敷地内にはレストランはありません。{なんでレストランを造らないのですか?}とお客様から聞かれます。
答えは簡単で{私達はワインとワイン葡萄をつくる職人だから}です。

料理をつくる職人は真摯に料理造りに取り組んでいます。料理人さんがワイナリーを造るはずがありません。料理をつくる職人は常に料理のことしか考えていないからです。たとえミシュランで三つ星を獲得したオーナーシェフでも同様です。

ワインとワイン葡萄をつくる職人{われわれのこと}も常にワインとワイン葡萄のことばかり考えています。料理のことを考えている暇などあるはずがありません。

ワインを造る人間が、{レストランを経営しよう}と簡単に考えても、料理の世界はそんなに甘い物ではありません。同様、ワインの世界も簡単なものではありません。厳しい世界です。

同様、自ら職人であることを誇りにおもい、同様、他の職人を尊敬の眼差してみているからです。

真摯にワインをつくる我々のワインと、真摯に料理をつくる料理人が唯一コラボレーションするときがあります。それが皆さんがレストランに訪問された時。その真摯に取り組む二人の職人の作品が邂逅することによりお客様が感動してくださるのだと思っています。この邂逅は二人の職人の真剣勝負の時でもあります。

幸いなことにそのような真剣勝負を投げかけてくださる料理の職人は私達のまわりに沢山おられます。だから、私達がレストランをする必要などまったくないのです。

有る方は、(ワイナリーがレストランを経営する理由はワインが売れないから自分でさばくのだろう}という方も居られます。そこまでは私が考えてはいません。

一つ、説得力のあることと言えば、私が修行してきたフランスのワイン蔵がレストランを経営している人はいなかったということでしょうか。ロマネコンティ然り、シャトーマルゴー然りです。希にワイン蔵がレストランを経営しているところがありましたがそのワイン蔵のワインの味は地元では評判が良い物ではありませんでした。

私が修行していたフランスでは職人のことを{アルチザン}と呼ばれ、皆に尊敬されています。そしてワイン畑で働きワインを造る職人をヴィニョロンといい、自らを誇りに思って働いています。日本もあらゆる誇り有る職人が地位を見直されるべき時期に来ていると私は感じています。