小布施町内で小布施ワイナリーワインが飲めるレストラン。小さな町の小布施ですが観光客を相手にしない本格的な料理店がひしめいています。

1)日本料理「鈴花」

京都や湯布院の料理人と深いつながりの有る鈴木徳一氏の店。鈴木さんは私のお目付役でもあります。九州新幹線を設計した水戸岡 鋭治氏設計の落ち着きのある建物で優雅なお食事をお召し上がりいただけます。しなの鉄道の人気クルーズトレイン「ろくもん」の和食も鈴花の料理人が搭乗して造っています。人気店のため要予約

2)桝一 蔵部(寄り付き料理) 、小布施堂本店

全国に名をはせる実業家、市村次夫氏がプロデュースした寄り付き料理「桝一 蔵部」。長野オリンピックではイギリス王室の夕食にも使用された内外装は圧巻。小布施堂本店の懐石料理は神林料理長のセンスが光ります。

3)HANAYA(洋食)

地元の食材を使った「お箸を使った洋食」をおたのしみいただけます。いつも驚きと感動の料理でお客様にお喜びいただいています。人気店なので繁忙期は予約が必要です。

4)センツァノーメ(イタリアン)

小布施の隠れ家的イタリアン。小布施らしからぬ垢抜けた空間は必見。夜のみ営業です。ベルギーの有名レストランで修行歴のあるシェフの料理はイタリアンの範疇を超えたモダンスタイル。人気店なので予約が必要です。

5)ヴァンヴェール(フレンチ)

フランス帰りの安藤シェフの正統派フレンチは小布施の赤とよくあいます。自らの料理をフランス食堂とうたうシェフですので謙遜ばかりしていますが素材には相当拘ってます。シャンブルドットを併設しているため宿泊できるという便利なオーベルジュ。繁忙期は混むので諦めた方が良いですがランチのキッシュ、ガレットは旨すぎ(昼はBYOできません)。

 

6)ゆら 響(バール)

古い銀行家の土蔵を使ったカレー屋さん。夜は「バール」スタイルになります。ディープな小布施の夜を心地よく楽しめます。

 

7) メゾン・ド・ナチュール 亀田(フレンチ)

15年4月オープンのフレンチレストラン。現代フレンチを意識したお料理はナチュラルな味わい。予約が必要です。

 

8)あと部(和食)

和喰料理と称するお店。人気店なので繁忙期は予約が必要。

 

9)パーチェ (イタリアン)

気取らないイタリアンをワインと共に美味しく楽しくお召し上がりいただけます。人気店なので繁忙期は予約が必要です。

 

10)吟(日本料理)

ワイナリー寄りの中野市にある日本料理。料理長は京都の有名割烹出身だがとても素敵な人柄の人。料理にもその人柄が表れている。