★自社農場100%化をめざす

同業者によく言われます。「えーぇ、まだワイン畑増やすの?!」

確かに通常の日本のワイナリー経営から考えますと、小布施ワイナリーのワイン畑の広げ方はヘンに写るものです。

その理由は自社農場100%化を目指しているからです。私たちは増産を目的で畑を増やしているのではありません。

日本の農業は利益をだすのはとても難しいです。そのため、ワイナリーが葡萄を作る、すなわり農業をすることは大きなリスクを伴います。日本のワイン販売は乱高下が激しいためワイン不況がおきると葡萄があまる可能性があります(ワイン原料の葡萄は同じアルコール飲料である焼酎原料の芋などや日本酒原料の米の単年作物と違い、永年作物であります。そのため、葡萄を植えてから葡萄が実るまで少なくとも4年はかかります。ですのでワインブームの際、農家に「葡萄を植えてください」と植えさせても実る頃にはブームが去っているということが過去の日本のワイン産地では多くありました)。

★地元の農家の方に「何故、俺たちに葡萄を作らせてくれないのだ」と言われても、契約農家をつくらないのか

近所や地元の農家の皆さんも私たちにとって、田舎暮らしにおける大切な仲間です。そんな仲間に契約農家という形でリスクを背負わせることは弱い小布施ワイナリーの立場では出来ません。近所の仲間に契約農家制度をしてもらうことは、ある時までは機能するのですが、そうでないときもやってきます。

 

★現在の葡萄

私たちは毎年自社農場比率を高めています。しかしながら、まだ100%までには至っていません。その足りない葡萄は私たちの現在と将来を理解してくださる仲間の2件の農家の方に信頼関係でわけていただいています。そのワインはドメイヌソガのラベルでは売らず、ソガペールエフィスというシリーズで販売しています。そのため、私たちを信頼してくださって契約栽培でもないのにわけてくださる農家の皆さんの為にもなるべく早い自社農場100%が必要です。